光回線クーリングオフとは?

最近、光回線の業者が高齢者の住む家を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力が低下した高齢者を丸め込んで契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えています。
そのような事態を鑑みて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を定かにいたしました。
同様にソフトバンク系列の安い通信会社の場合でも、途中で解約する際に、契約違反金が発生するのでしょうか大丈夫でしょうか。
これは、ワイモバイル社との契約時点の料金・通信のプランによって変わるようです。
契約内容が2年や3年に満たない場合の解約で9500円もの解約金が発生します。
契約する場合は、十分気を付けてプランを選びましょう。
私の住んでいる地域は、もう少しというところでwimaxのエリアに入っていません。
wimaxは外でも使えるし、動画をうつすのにも不都合なく操作できる速度なので、希望するなら申し込みたいのです。
転居する予定はないため、今後、通信範囲が拡大してくれることをぜひお願いします。
引っ越す場合や速さを問題などでネット回線を変更する際や新規で回線を申し込む際は、キャンペーン期間中に申し込むとお得ではないでしょうか。
よく耳にするフレッツもキャンペーンを常日頃からやっていますので、まめにチェックして見ておくとよいのではないでしょうか。

光回線のプロバイダー最安値は?安いを比較【おすすめランキング】