夜行バスは登山へ行く場合にも便利です!

夜行バスにもさまざまな種類があります。
多くは都市から都市へと乗客を運ぶバスです。
これは旅行・帰省やサラリーマンの出張等交通費を節約したい場合に利用されることが多いようです。
一方、必然的に夜行バスとなる旅があります。
登山などが含まれる旅の場合です。
登山は早朝から登り始めるのが普通です。
朝の4時か5時に現地に到着し、その時間から登り始めるためには必然的に夜に出発するバスに乗り込み、早朝に現地着とならざるを得ないのです。
都市から都市への夜行バスは通常、片道でもチケットを購入できますが、山へ行く場合は、基本的に往復でワンセットとなっており山に登った後にお風呂、つまり入浴券が付いているケースが多いようです。
着替えなどはバスの中においておき、お風呂上りに着替えてさっぱりしてビールでも飲めば、あとは泥のようにバスの中で眠ることとなります。
帰りは大抵現地を夕方に出て、夜遅く街に帰ってくるのがパターンです。